ラ・フィユ・マル・ガルデ [同時上演] ブルッフヴァイオリン協奏曲第一番

La Fille mal gardée
NBAバレエ団公演 ラ・フィユ・マル・ガルデ [同時上演] ブルッフヴァイオリン協奏曲第一番 NBAバレエ団公演 ラ・フィユ・マル・ガルデ [同時上演] ブルッフヴァイオリン協奏曲第一番

 


ローザンヌ国際バレエコンクールで優勝の二山治雄を迎えておくる、

おてんば娘のどたばた物語。見ればあなたもハッピーに!


 


日 時

2022年7月9日(土)-10日(日)

時 間

7月 9日(土) 13:00開演(開場12:15)/17:30開演(開場16:45)
7月10日(日) 14:00開演(開場13:15)
※上演時間は休憩を含め2時間30分を予定しております。

チケット料金

S席:12,000円 A席:9,000円 学生席(U25):3,000円(税込)
※3歳未満の入場はご遠慮ください。
※学生席(U25)は社会人学生を除く公演日当日に25歳以下の学生が対象です。公演日当日は学生証を拝見する場合ががございますので、ご携帯の上ご来場ください。
※チケットご購入後はいかなる理由があっても、キャンセル・変更はお受けすることができませんのでご了承ください。

チケットご購入

●NBAバレエ団 04-2937-4931(月~金9:00~17:00) https://www.nbaballet.org/performance/buy-tickets/

●チケットぴあ 0570-02-9999 https://t.pia.jp/ (Pコード: 512-000)

●イープラス https://eplus.jp/

演 目

「ラ・フィユ・マル・ガルデ」
原振付:ジャン・ドーベルヴァル、ブロニスラヴァ・ニジンスカ
音楽:ぺーテル・リュドウィヒ・ヘルテル

「ブルッフヴァイオリン協奏曲第一番」
振付:クラーク・ティペット
音楽:マックス・ブルッフ

協 賛

サントリービバレッジソリューション株式会社、チャコット株式会社、所沢パークホテル、株式会社エンジェルアール

主 催

一般財団法人NBAバレエ団

 



ゲストダンサー


二山治雄 [フリー・元パリ・オペラ座契約団員]


白鳥バレエ学園にて塚田たまゑ・みほりに師事

2014 年第42 回ローザンヌ国際バレエコンクール第1位、YAGP NY決戦シニア男性部門第 1 位ローザンヌ国際バレエコンクールのスカラシップでサンフランシスコ・バレエスクール トレイニー・プログラムに留学。

2016年ワシントンバレエ団スタジオカンパニーに入団。

2017〜2020パリ・オペラ座バレエ団契約団員として入団する。アブダビ、シンガポール、上海ツアーにも参加。

2019年パリ・オペラ座バレエ団外部オーディション1位




 


キャスト


「ラ・フィユ・マル・ガルデ」






























  7月9日(土) 13時  /  10日(日) 14時 7月9日(土) 17時30分
リーズ

勅使河原綾乃



野久保奈央


コーラス

二山治雄


新井悠汰
アラン 高橋真之 孝多佑月
シモーヌ 古道貴大 刑部星矢

※出演者の怪我・病気、その他の都合により変更になる場合があります。 変更にともなうチケットの払い戻し、公演日・券種の振替は致しかねます。


 


「ブルッフヴァイオリン協奏曲第一番」






































  7月9日(土) 13時  /  10日(日) 14時 7月9日(土) 17時30分
ブルー 竹内碧 宮内浩之

福田真帆


三船元維
ピンク 野久保奈央 孝多佑月

山田茉子


高橋真之
アクア 猪嶋沙織 伊藤龍平 須谷まきこ 大森康正
レッド 浅井杏里 刑部星矢

浅井杏里



本岡直也



※出演者の怪我・病気、その他の都合により変更になる場合があります。 変更にともなうチケットの払い戻し、公演日・券種の振替は致しかねます。


『ラ・フィユ・マル・ガルデ』


NBAバレエ団では12年ぶりの再演。

「ラ・フィユ・マル・ガルデ」は「ジゼル」と並び世界最古の古典バレエであり、ニジンスカ版は1940年にABT(アメリカンバレエシアター)設立の旗揚げ公演に古典の再演として公演されたものです。

日本では今日、アシュトン版が有名となっていますが、身近な人間感情を余すところなくお伝えできるニジンスカ版は日本でNBAバレエ団だけが上演しています。



あらすじ


未亡人シモーヌは一人娘のリーズが良い結婚が出来るようにお金持ちの農園夫トーマスの息子アランと結婚させようとしている。アランは純真無垢な性格だが、ちょっと冴えない若者でリーズに一生懸命アピールしてもみんなの笑い者になってしまう。

一方でリーズはすでにハンサムな村人のコーラスと恋仲で、母の言う事は聞かないと決心している。

シモーヌはリーズとコーラスが仲良く踊る姿を見て怒り心頭となりコーラスを追い払ってリーズを叱る。

トーマスとシモーヌが現れて騒ぎが大きくなるが、突然の嵐によって皆は退散してしまう。

シモーヌは、リーズがアランとの結婚を約束するまでリーズとコーラスを会わせようとしない。

しかし、コーラスは麦の束に隠れてリーズの家に忍び込み、リーズとの将来を夢見て仲良く踊る。

一方、親たちによってリーズとアランの結婚が取り決められようとしている。アランはリーズの寝室のドアを開けて彼女を迎えに行くが、そこにはリーズだけでなくコーラスの姿も。この状態を見たシモーヌも、ついにアランと結婚させることを諦める。二人を祝うため、村人たちも現れて祝福の踊りが踊られる。


 


芸術監督的「ラ・フィユ・マル・ガルデ」注目ポイント!


1. 現存する世界最古のバレエ作品!

初演はなんと1789年フランス・ボルドー。

世界中でさまざまな版が存在しますが、1940年にバレエシアター(現ABT)のためにニジンスカが手がけたバージョンを見られるのは日本ではNBAバレエ団だけです。

20世紀初頭にパリで活躍した「バレエリュス」というスーパーカンパニーがあったのですが、バレエは当然のこと美術や音楽を手がけた面々がとても豪華。

ピカソ、ローランサン、シャネル、バクスト、音楽もストラヴィンスキー、プロコフィエフ、ドビュッシーなど錚々たるメンバー!

そんなところで活躍したニジンスカ氏が手がけた作品ということで、個人的にも凄くロマンを感じてしまいます。

詳細な歴史については研究家さんにお願いする分野ですが、バレエ史を学びたいというお客様の欲求も満たせると思います。




2. 思わずほっこりするストーリー

本作では心拍数が乱高下するようなストーリー展開はありません。

ですが、見てて思わずププッと笑ってしまうコミカルなシーンが満載です。そしてそれが凄く音楽的なのです。

マイムがしっかり音とリンクしており、それを見た時に脳内からドーパミンが出るのがわかります!

このバレエを見ることで皆様が穏やかな気持ちになり、少しでも日々の喧騒を忘れられる時間となれば嬉しいです。




3.見ごたえ抜群なダンスシーンの数々!

迫力あるダンスシーンを見た直後はきっと皆様もアドレナリンが出ることでしょう!

主役たちが踊る定番バリエーションはコンクールでも人気ナンバーですし、参考になると思います。それ以外にも、ダンスシーンの見所が満載です。

ダンサーが踊りまくる作品が大好き!と言う方も満足していただけること間違いなし!


 


『ブルッフヴァイオリン協奏曲第一番』


優美な音楽と調和した色鮮やかな衣裳、躍動的な群舞、個性あふれる4カップルが見どころ。

38歳の若さでこの世を去った元ABTプリンシパルのクラーク・ティペットにより振り付けられた作品。日本で完全版を上演できるのはNBAバレエ団だけです。

色鮮やかな衣裳を纏ったダンサーの多彩なステップが、紺色のシックな空間を絵画のように美しく彩ります。


 




with NBA会員様特典


新型コロナウイルス感染症拡大を受け今回は中止となりました。


チケットをご購入されたwith NBA会員様の特典は下記の通りです。


バックステージツアー


日時:

全ての回の開場10分前

7月9日(土)①12:05 ②16:35

7月10日(日)③13:05

集合場所:新国立劇場中劇場入り口

内容  :普段入ることのできない新国立劇場中劇場の舞台裏をご案内いたします。


※with NBAの会員証を忘れずにお持ちください。

※集合時間に遅れますとご案内することができません。ご注意くださいますようお願いいたします。