公演案内

ホーム > 公演案内 > The Little Mermaid

NBAバレエ団公演案内

NBAバレエ団公演 日本初演
『The Little Mermaid』

2018年9月28日(金)・29日(土)・30日(日) 新国立劇場 中劇場

数々の映画やミュージカル、「ガチョーク讃歌」「HIBARI」の振付を手掛けたリン・テイラー・コーベットの作品。キャロライナ・バレエで初演され大盛況を果たし、NBAバレエ団での公演は日本初演となる。
お子様だけでなく大人も楽しめる作品。


NBAバレエ団公演『アトリエ公演』 座席表
公演名: The Little Mermaid(リトルマーメイド)
日時: 本公演
2018年 9月28日(金) 19:00
2018年 9月29日(土) 14:00 / 17:00
2018年 9月30日(日) 12:00 / 15:00
公開リハーサル
2018年 9月28日(金) 14:00
会場: 新国立劇場 中劇場
チケット料金: SS席 5,900円
S席 4,900円
A席 3,500円
学生席 2,100円
C席 1,500円
ペアSS席 9,900円
ペアS席 8,500円
自由席 1,500円(9/28 14:00公開リハーサルのみ)
※9月28日14:00の回は公開リハーサルとなります。全席指定エリア内での自由席のみの販売となります。
※C席はバレエの雰囲気を楽しみたい方におすすめ。
 座席により舞台が見切れる場合もございます。予めご了承の上お求めください。
※3歳未満の入場はご遠慮ください。
※学生席はA席となります。小学生から大学生までご利用できます。
※別途チケット発券手数料と発送手数料を頂戴致します。(190円)
※チケットご購入後はいかなる理由があっても、キャンセル・変更はお受けすることができませんのでご了承ください。
主催: 特定非営利活動法人日本バレエアカデミーバレエ団(NPO法人NBA団)
協賛: サントリービバレッジ株式会社、チャコット株式会社、所沢パークホテル、株式会社プレジャーガレージ
振付: リン・テイラー・コーベット


※インターネットでのチケット販売は終了しました。
 当日券の販売は開場の1時間前より開始致します。


キャスト


あらすじ

16歳の誕生日を迎えたマーメイド。誕生日に呼ばれなかった魔女がマーメイドの美しい声に憧れ、その声を奪おうとするが、海の王によって阻止される。地上を冒険することになったマーメイドは、船が難破し溺れかけている王子を助けるが、人間のソニアという女性が、助けたのは自分と偽り王子と婚約をする。そこへ人間になることと引き換えに声を奪うことを画策した魔女との取引に応じてしまうマーメイド。王子に助けたのは自分だと伝えたいマーメイドだが、声を失ったことでその想いをつたえるこができなかった。そして王子とソニアの結婚式。ソニアにもう一度歌ってほしいと王子が話すと、歌うことが出来ず助けたのは別人であったことが明るみに出てしまった。


そのころ、魔女は海の王と戦いに敗れマーメイドに声が戻る。人間界に別れを告げ、海に帰ろうとするマーメイドの歌声を聞いた王子は、彼女こそ自分を助けてくれた人だと気づき二人は結ばれるのであった。



スタッフ情報

振付:リン・テイラー・コーベット

2000年にブロードウェイミュージカル「Swing!」でトニー賞にノミネートされた。また、同年のドラマデスク賞にもノミネートされる。2002年には「Swing!」で日本ツアーを行い、高い評価を受ける。2008年に「My Vaudeville Man」でドラマデスク賞とルシール・ローテル賞にノミネートされ、「Wanda’s World」ではザ・キャロウェイ賞を受賞。彼女が脚本に関わった「Cougar The Musical」は2年間オフ・ブロードウェイで上演され、その後世界中で上演された。また彼女が改訂振付を担当した香港ディズニーランドの「ライオンキング」のショーは、今年で7年目を迎える。彼女は、息子であるショーン・テイラー・コーべット氏とともにミュージカル「Distant Thunder」を作り、またABT、NYCB、アルビン・エイリー・アメリカン・ダンス・シアターなど、その他数多くのバレエカンパニーでも振付を行っている。彼女の作品は「Live from Lincoln Center」やアメリカのTV番組でも取り上げられた。「ガチョーク賛歌」はABTに振付し、80年代前半に日本ツアーをした際には数多く上演された。2014年にはNBAバレエ団「HIBARI-すべての美空ひばりファンに捧げる-」の振付を行っている。映画では「フットルース」「マイ・ブルー・ヘブン」「奥さまは魔女」の振付を担当した。



音楽:マイケル・モーリッツ

劇場やテレビ、オーケストラなど様々な分野で長年活動。ディズニーやディスカバリーチャンネルなどのテレビ番組、「みにくいアヒルの子」や 「グレイトギャッツビー」などのバレエオーケス トラの音楽制作を担当する。ブロードウェイの音楽ディレクターとして活躍する傍ら、現在はフォートワースシンフォニーオーケストラで活動している。



スタッフ

  • 芸術監督・演出:久保紘一
  • 振付・演出:リン・テイラー・コーベット
  • 作曲:マイケル・モーリッツ
  • バレエミストレス:野田美礼
  • バレエマスター:鈴木正彦・西優一・榎本晴夫・久保栄治
  • 舞台監督:千葉翔太郎(株式会社スカイウォーカー)
  • 舞台監督助手:マット・ストランプ(キャロライナ・バレエ)
  • 舞台美術デザイン:ロス・コルマン・安藤基彦(ART DOMINO DESIGN)
  • 舞台美術製作:キャロライナ・バレエ・安藤基彦(ART DOMINO DESIGN)・生駒研介(STAFF ONLY stage & build)
  • 照明プラン:ジェフ・ジョーンズ・山本高久(TOMATO JUICE DESIGN株式会社オー)
  • 照明:山本高久(TOMATO JUICE DESIGN株式会社オー)
  • 映像プラン:エリック・パーソン
  • 映像:立石勇人(株式会社ワンハーフスタジオ)
  • 音響プラン・音響:相馬保之
  • 衣装デザイン:デビッド・ハウウェル
  • 衣装製作:キャロライナ・バレエ
  • 特殊効果プラン・特殊効果:株式会社フェイカーズ
  • グラフィックデザイン:北垣純一(株式会社プレジャーガレージ)
  • 制作プロデューサー:髙崎美佐江

チケット購入

このページの先頭へ