ダンサー紹介

ホーム > ダンサー紹介  > 峰岸 千晶

プリンシパル

峰岸 千晶

峰岸 千晶Chiaki Minegishi

出身地:
埼玉県
入団年:
2001年
ライン

経歴

舞台写真

6歳よりクボバレエアカデミーにてバレエを始め、久保栄治、陽子に師事。また、特別講師として、ナディア・チホーノワ、マーティン・フリードマンより、ワガノワメソッドを学ぶ。彩の国芸術劇場「くるみ割り人形」全幕(江川明振付)では、クララ役で出演。

米国コロラドバレエ団にて1年間研修をし、マーティン・フリードマン、に師事。「シンデレラ」、「くるみ割り人形」、「白鳥の湖」、「スターズアンドストライプス」(バランシン振付)等、数多くの舞台に出演。帰国後NBA
バレエ団に入団する。

主な出演作品は、「せむしの仔馬」よりまぼろしの島の王女、「騎兵隊の休止」テレサ、「白鳥の湖」パ・ド・トロワ、「ジゼル」ペザント、「アルレキナーダ」ピエレツト、「奇蹟の人」ヘレン・ケラー、「ラ・フィユ・マルガルデ」
リーズ、「コッペリア」スワニルダ、「くるみ割り人形」金平糖の精、クリストファー・ヴィールドン振付「真夏の夜の夢」ティターニア、「ドン・キホーテ」キトリ等出演。コンテンポラリー作品では、トワイラサープ振付「NINE SINATRA SONGS」、遠藤康行振付作品、中村恩恵振付作品、船木城振付「Thousand Knives」、キミホ・ハルバート振付「AGUA」等に出演。

ダンサー紹介のページに戻る

このページの先頭へ