ダンサー紹介

ホーム > ダンサー紹介 > 清水 勇志 レイ

ソリスト

清水 勇志 レイ

清水 勇志 レイYuji Shimizu

出身地:
オーストラリア
入団年:
2014年
ライン

経歴

舞台写真

1994年、オーストラリアのケアンズに生まれる。
6歳よりケアンズにてバレエ、タップ、ジャズを始める。
2007年、12歳の時にヴィクトリア州にあるヴィクトリア芸術大学付属中学校に入学。在学中、クラシック、パドドゥ、ジャズ、コンテンポラリー、タップ、アクロバティック、キャラクターなどを学ぶ。
2010年、15歳の時にオーストラリアンバレエスクールに入学。
2012年〜2013年、オーストラリアンバレエのダンサーズカンパニーツアーに参加し、「ドンキホーテ」ジプシー、「白鳥の湖」道化を踊る。
2014年、NBAバレエ団入団。入団後すぐに「ガチョーク賛歌」「ブルッフヴァイオリン協奏曲第1番」「ドラキュラ」などに出演。
2016年にはアトリエ公演「白鳥の湖」で王子役を踊る。
2017年「ロミオとジュリエット」ベンボーリオ、「真夏の夜の夢」ライサンダー、「葉は色褪せて」第4パドドゥなどを踊り、多くのコンテンポラリー作品でも主要なパートを踊る。「くるみ割り人形」ではフリッツ、ハレーキン、ソルジャードール、ラタトゥイユ、花のワルツソリスト、ロシア、チャイナなどを多くの役を踊る。
2018年ソリストに昇格。

ダンサー紹介のページに戻る

このページの先頭へ