ダンサー紹介

ホーム > ダンサー紹介 > 安西健塁

ソリスト

安西健塁

安西健塁Takeru Anzai

出身地:
静岡県
入団年:
2017年
ライン

経歴

舞台写真

6歳より安西章バレエスタジオにてバレエを始める。
安西章、前田香絵、袴雅子、Errol Pickfordに師事。
2005年、K-BALLET SCHOOLに入学。
同年、K-BALLET COMPANYに入団。主な出演作に、“Giselle”のペザント パ・ド・シス、 “Coppelia”のフランツの友人、“the Nutcracker”のフリッツ、“Swan Lake”のナポリタン、アシュトン振付“Rhapsody”、プティ振付“Carmen”、熊川哲也振付“ベートーベン第九”など。2008年 退団。
2009年、NBAバレエ団ニジンスカ版”リーズの結婚”にゲスト出演する。
全国USENリクエストチャート1位を獲得したレゲエシンガーLeccaの”Goin’ home”のPVの振付を手掛け、ダンサーとして自身も出演、オリコンチャートにて7位を獲得する。
2010年渡米、Atlantic City Balletに入団。“the Nutcracker”で王子役にて主演、その他出演作に“the Nutcracker”のNutcracker, Snow king、“Dracula”のDr. Van Helsingなど。
2012年 米国Eugene Ballet Companyにプリンシパルダンサーとして移籍。“Mowgli -the jungle book ballet”の世界初演にてMowgli役に抜擢され主演。その他主な出演作に、“the Nutcracker”のCavalier, Hans、 “Peter Pan”のPeter Pan、 “Swan Lake”のJester、Gerald Arpino振付“Light Rain”のソロ、Toni Pimble振付“Silk and Steal”のプリンシパルロールなど。Northern California Balletの“Don Quixote”にバジル役でゲスト出演。2014年に同バレエ団を退団、帰国。
同年、公益財団法人スターダンサーズ・バレエ団に入団。主な出演作に、バレエ「ドラゴンクエスト」の黒の勇者、バランシン振付「ウエスタン・シンフォニー」の第3、第4楽章のプリンシパル、ピーターライト版「Giselle」のペザント パ・ド・シスの第1、鈴木稔振付「Degi Meta go-go」など。
2017年、同バレエ団を退団し、NBAバレエ団にソリストとして移籍。
近年は自身振付による、「1027」、「the Searchlight」、「the Ring of Aquamariene」、「Odd Sympathy」、「Metempsychosis」等の作品を公演等で多数発表。NOAバレエスクールなどで講師も務めている。

ダンサー紹介のページに戻る

このページの先頭へ