ダンサー紹介

ホーム > ダンサー紹介  > バレエマスター 鈴木正彦

ゲストバレエマスター

ゲストバレエマスター 鈴木正彦

鈴木 正彦Masahiko Suzuki

経歴

長野県出身。5歳より白鳥バレエ学園 にてバレエを始める。
塚田たまゑに師事。年間20回あまりの公演に参加するなど、幼少期より才能を発揮する。1986年松山バレエ団エジンバラ公演、1991年松山バレエ団ニューヨークワシントン公演に参加するなど、海外でも活躍。同年、松山バレエ団入団し、全幕レパートリーのソリスト、主役を踊る。主な舞踊作品として、『眠れる森の美女』『クルミ割り人形』『新白鳥の湖』 『コッペリア』『ドン・キホーテ』『シンデレラ』『ジゼル』『アレグロブリランテ』『セレナーデ』『テーマとヴァリエーション』『バレエインペリアル』などがある。
2013年より森下洋子のパートナーを務める。2015年松山バレエ団退団後、フリーダンサーとして活動。同時に審査員やバレエ団での指導家としても活躍の場を広げる。

ライン

ダンサー紹介のページに戻る

このページの先頭へ