NBAバレエ団について

ホーム > NBAバレエ団について > NBAバレエ団とは

NBAバレエ団とは

近年、文化芸術の創作・普及・活性化の世界においてもNPO(特定非営利活動法人)の役割が注目されていますが、バレエを通じて我が国の人々の文化生活を豊かにすることを目的とし、且つ舞踊家の地位向上のためのシステムを成り立たせるためにNPO法人化したのがNBAバレエ団です。

当バレエ団では、年間を通じ、数多くのトップレベルでかつ貴重な公演を実施しています。また国際協力のもとで、海外公演などにも大きな力を注いでいます。新たな活動の場を求めて、ここに集うダンサーも人種や国籍を問わず、様々な国から参加しています。団体として、特にユニークなところは、NBAバレエ団の理念に賛同した全国のバレエ教室主宰者がスタジオ会員となって当バレエ団を構成していることです。NPOとして、独自の歩みを続けながら、これからの我が国のバレエ界を牽引する団体として様々なシーンで注目されています。

平成5年発足以来、毎年数多くの注目に値する公演を行い、海外から招聘した一流ゲストは既に100名近くに及びます。また当バレエ団は、古典の有名作品の殆どをレパートリーに持ち、これからの未来に目を向け、世界での一流現代作品の振付者を招聘して、注目すべき世界をリードする現代作品の上演にも力を注いでいます。

その他、世界各地の有名国立バレエ学校から校長を審査員としてお招きして、我が国の将来の人材育成のために全国コンクールを開催し、スカラシップを授与するなど、その活動は多岐に及んでいます。

NBAバレエ団は60余のスタジオ会員で成り立ち、バレエ団員は国際コンクールや海外バレエ団での実績のある100名近くで構成され、海外からも数多く参加し、プリンシパル、ソリスト、アーティスト、スタジオカンパニーにより、毎年5回以上、大きな価値ある自主公演を開催し、この内数回は文化庁トップレベルの助成を戴いた公演も行っており、日本の文化のレベル向上にも大きく寄与しています。
また地域の文化の向上にも寄与した活動を通じて、地域住民の健康の増進を図る活動も行っております

NBAバレエ団についてのページに戻る